menu
2018/06/20

オードパルファム 15000円

彼らのポエティックな仮想現実を実際に表現すること。それは、相対するものである為、マントラのように複雑に絡み合い、美しく混じりあっています。この複雑に混じりあった詩が鳴り響き、香りの窓を開き感じる『さわやかな風、フレッシュな雨、ざわめく葉々、何もなくひろがる空間』。かつての音楽家が作品に明確なタイトルをつけず、ピアノ協奏曲第5番と名づけたように、香りが奏でる彼らの世界観をStudy#17と名づけました。ハーブ、ガーデン、木陰の苔、雨水流れるアルブの大木に茂る葉をイメージした、パッケージデザインは彼らが愛する自然をイメージしています。