パリ日記

Paris Webマガジンから始まったショップ&カフェ The Broken Arm

 

IMG_1460p.jpg

次々と新しいお店が増えていく北マレ地区。

こちらのブログでもマレのCafeを 色々とご紹介していますが、今回は、モード、本などを扱うブティックの The Broken Arm 隣接しているCAFEをご紹介です。

IMG_1461p.jpg

おいしいコーヒーが飲めるという事で、行って以来 お気に入りスポットの一つ。

隣接のショップの方は 数年前から始まった WEBマガジン「De Jeunes Gens Modernes(今時の若い人々)」で紹介する、中心人物となっている3人の理想のライフスタイルを、実際のブティックとして実現させたという。ヴァーチャルから実現化された面白いコンセプトのショップです。

モードが占める割合が多いですが、本や香ものインテリア的なセレクトも目立ちます。

この近くには、お気にいりの ビジュアル系ブックショップ OFRもありますので、最近マレ散歩の時には立ち寄ってしまう場所となっています。

こちらのカフェは、朝から営業している プラス、心地のよい空間で、上質な素材を使ったシンプルなサラダやサンドイッチなどのランチなどもいただけるという事もあって、地元の人でいつも穏やかに賑わっています。                                                                              

N Takahashi

IMG_1453p.jpg

 

The Broken Arm

http://www.the-broken-arm.com/
12 rue Perrée 75003 Paris

SHOP : 火~土 11:00~19:00
CAFE : 月 14:00~18:00 火~土 9:00~18:00

Paris バスチーユにできたキッズショップlepetitsouk

 

IMG_2132p.jpg

http://www.lepetitsouk.fr/

 

 

 

IMG_2131p.jpg

 

Le petit Souk Paris
14 rue de charonne
75011 Paris
01.58.30.36.14

Le petit Souk Paris
14 rue de charonne
75011 Paris
01.58.30.36.14

Horaires :

Lundi 14h00-19h00
Mardi 10h00-19h00
Mercredi 10h00-19h00
Jeudi 10h00-19h00
Vendredi 10h00-19h00
Samedi 10h00-19h00
Dimanche fermé

 

Nami Takahashi

Paris  パリのクラフトビール Deck&Donohue

 

10635947_331496770357346_3448704396374729289_n.jpg

こんにちわ

すっかり秋らしくなってきているパリからです。

マルシェではおいしいセップ茸(日本のまつたけのようにいい香りのするキノコ)、ぶどう、と秋の味覚が沢山並びだしました。

そして、VENDANGEというワイン用のブドウ狩りもフランス全土で落ち着いてきた所でしょうか・・・

フランスは、どうもワインというイメージが強いのですが、最近 実は、流行ってきているもの、それが、クラフトビールです。

それも、素材と味にこだわって そして、パッケージまでおしゃれな おいしいビール。

その中でも、私が注目しているので、こちら、 Deck&Donohue

パリ郊外、といっても、歩いて5分程度 地図上では、パリ市をほんのちょっと出たところにビール工場を構えています。 アルザス出身と、アメリカ出身のマイクさんが長年の夢を叶えて心をこめて作っているこだわりのビールです。

もっとも大事な原料であるホップも自分たちで現地まで行って、確認して、製造し、瓶詰めまで、全部2人でしています。

DSC07265p.jpg
特に 今秋の注目は、ラベルも素敵な左のビール。
今年アルザスで収獲された麦芽で作られたホップのきいたビールです。

賞味期限も3か月という、旬のもの。


取扱店舗も マレ地区を中心とした パリのおしゃれ系バーレストランで、急上昇の人気。

パリでの注目のレストランばかりです。素材と製造にこだわり、保存剤や殺菌剤も使用していない90%以上BIOのビールです。



DSC07267(1)p.jpg


だから、賞味期限も数か月のものも多い。日本ではあまり味わう事ができないかもしれません。。。。。是非 パリにいらっしゃることがありましたら、パリの地ビールご賞味下さい。


私、実は、ビールさほど詳しくはないのですが、こちらのビールいただくと、なんとも、草原の中にワープしてしまったような。感覚になります。おそらく、ホップが新鮮で、香りの新鮮さとお味で、麦畑までひととっびしているのだと思います。


左の こちらが、お二人です。

左のマイクさんは 北海道にも住んでいらした事があって、日本語もとってもお上手。


 

 

 

 

10653650_10205012203894614_3688960894329785146_np.jpg
Deck & Donohue

 

71, rue de la Fraternité
93100 MONTREUIL
Métro Robespierre, ligne 9

毎週土曜日 11H-15Hまで試飲販売会が行われています。こちらの工場の前のスペースで、好きに飲むも楽しい・・・

Nami Takahashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

Paris ベヌールのアトリエ  こだわりブランドを支えるこだわりオーナー

 

Le-Baigneur-TONIFYING-SOAP-3.jpg

 

LE BAIGNEUR

身体と環境に良いものをコンセプトに、毎日のお肌のお手入れや保湿など男性の肌に適した上質なスキンケア製品作りを行っている フランスのブランドです。

パリでも 注目の新しいブランド。素材/デザイン/製造/すべてにこだわるオーナーにより、すべて手づくりで、こつこつと作られています。 

石鹸は100%ナチュラルな植物成分を最大限に石鹸内に閉じ込める、伝統的な冷却鹸化法で手作業により1点1点丁寧に作られており、パッケージや製品に関わるもの全てにおいてプラスチック素材を一切使用せずリサイクル可能な天然素材のみを使用しています。


打ち合わせでもよく訪れるこのアトリエですが、ここに足を運ぶたびに、オーナーのお人柄か、

凛としたけれども暖かい雰囲気が漂うこのアトリエ。

今日は、その一部をご紹介いたします。


(なお、ブログ内の写真等の無断転用・転載はご遠慮ください)

(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-5.jpg

奥が製造場所。清潔なアトリエで、オーナーが天然素材を大事に保管、使用しながら、ひとつひとつ 時間と労力を惜しまずに 心をこめてつくりあげられています。

ソープの型押しももちろん 全てひとつひとつオーナーが押していきます。

伝統的な冷却鹸化法を採用していることにより、製造スタートから3週間~1か月かかっての、

この型押し作業です。

 

(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-6.jpg

 

(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-7.jpgそして、パッケージも、環境問題にも留意し、プラスチックのものは一切使わずに、ひとつひとつ丁寧に梱包していきます。
日本のみなさまが、自分のソープを手にした時に、完璧な状態でお届けできるように・・・・オーナーがいつも心がけている事です。

(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-8.jpg(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-10.jpg

下の、シェービングソープも、No1 No2と 2つになりました。

新商品も少しずつ増えています。

お肌を柔らかくしっとりと整えられるこのシェービングソープ。

発売以来、こだわりの強いリピーターの方に愛用いただいています。

(C)LeBaigneur-ATELIER LE BAIGNEUR-11.jpg


こだわりのこのブランド ルベヌール。この後も、オーナーのこだわりと 抜群のセンスがつまった新商品がぞくぞく出てまいります。

男性へのプレゼントとしても、大人気のベヌールですが、ユニセックスな香りなので女性の方もお試しいただけます。

是非お試しください。

こちらの オーガニックコットン使用のバッグも人気の商品です。

弊社 ショッピングサイトでもご購入いただけます。

 

 


saclebaigneur.jpg