パリ日記

Parisセレクトが素敵なオーガニックショップ。WELCOME BIO バスチーユ

写真 4-1.jpg

今日は、パリのオーガニックについて。

OPENして約1年でパリのオーガニックのショップでは1番と言ってもいいセレクトの注目ショップです。

オーナーの選択眼が、ショップの雰囲気に程よく反映されています。

オーナー夫妻の 審美眼によって、地元の人に愛され、オーガニック生活でなかった人をも虜にしつつあります。このショップに出会ってから、” オーガニックっていいけど、や はりお値段も少し高めだしけど、このショップならオーガニックも悪くないなぁと” 多くのひとが、気軽に立ち寄れるショップに仕立て上げました。

おしゃれ系なオーガニックのショップなのに、値段も高くない。どこにでもある商品でなく、ここでしか見られない雑貨や食料も多く、生産地との直のつながりも感じれて、なんか、雑貨屋さんに来た気分。

というだけあって、子供のおもちゃ。コスメ用品、食品、ワイン、チーズ、シリアル、お野菜、フルーツ、紅茶、ペット用品、ホームクリーナー・・・・ フランスもの、海外もの、その商品構成は、オーガニック をベースに、多種多様。
フ ランス全土に連絡網を持つビオコープの系列だが、300m2の広い店内には、他店にない珍しい商品が並んでいる。つまりBIOCOOPの名前は付けている けれども、商品のセレクトは、自由なので、自分たちの目で好きなものいいものだけを 集めているの。

シリアルコーナーも、すごい! かわいい!

cereales2.jpgのサムネール画像

場所は、バスティーユから少し北へあがっていたところ。近くに素敵CAFEもあって、お買いものの後のお茶も気持ちいい。

だから、見ている方も、本当に楽しくなってしまう。 よく見つけたな~と思うようなものも多々ある。

野菜 フルーツコーナーもすべてがおいしそう。

fruit.jpgのサムネール画像

オーナーのジョルジュ・フィッシャーさんは、以前はシャネルなど高級プレタポルテの仕事に携わっていたそうで、その後、ドイツの高級革製品ブランドを販売する店を経営していたが、売却し、ギリシャの島で5年間充電生活を送っていてからの オーガニックの世界へ。

ビオの食材を熟知したこの道30年のシェフ、マルティーヌさんもスタッフの一人。毎週土曜日、オリジナル料理を作り、試食会を開催しています。地元の方とのふれあいも大事に。いつも優しい、楽しい、気持ちのいい風が流れています。 私が立ち寄った日も、サッカーワールドカップのフランス最終戦となってしまった日。そわそわのフランス人。あれ?今日 オーナーは?家でサッカー見ているわよ。 だから、早く帰ったわ~~~ なんて会話がお客様との間に交わされていました。

 

写真 2-1.jpgのサムネール画像

 

WELCOMWBIO3.jpgのサムネール画像homme.jpgのサムネール画像

 



 

弊社扱いのオーガニックソープ ベヌールもしっかり、並んでいます。





このオリジナルBAGも使いやすくてお気に入り!
WELCOMEBIO5.jpg

 


Welcome Bio
10 Rue Boulle 75011 PARIS FRANCE


01 43 57 98 49
月〜土10h-20h / 日休
http://www.welcomebio.fr/