パリ日記

アクセサリークリエーターAIME ローズいっぱい!! From Paris

RIMG3583.jpg パリは、至るところに、バラが咲いていて、本当にきれい!です。
先日、ちょっとかわいい素敵な雑貨を見つけたので、ちょっとご紹介。雑貨というか、真鍮でできたアクセサリーとお花のコラボです。

アクセサリーに生花を活けて、そのままアクセサリーとして、使ってしまおうというアイデア。たとえば、バラを入れると、ほのかな本物のバラの香りがブレスレットから香ってくるし、何しろ 生花の魅力に勝るものはないかも。。。

RIMG3587p.jpg

たとえば・・・・

これからのウェデイングシーズンにも、もってこいのこのカチューシャ。

5つお花を挿すところがあって、至って簡単 それを、ゴムの紐で頭に固定するのみ。お花も好きに変えられるし。簡単にセットできて、すごいかわいい。

aime.jpg

左は、ピンに、一輪づつお花を挿す。

子供から大人まで使えるかわいいアイテム。

ヘアだけなくて、ジャケットとかにさりげなくさしてもいいし。

それこそ、新婦さんには、カチューシャ。新郎さんには、このピンで、胸元に生花をつけても素敵。

RIMG3585.jpg

こんな箱に入って売られています。

造花ひとつにかわいいイラスト入りの使用説明書もセットされていて、プレンゼントにも最適。

 

これらは、クリエーター Aime の作品です。ちなみに、このお花のシリーズは彼女の作品の一部です。サイトにはこのお花のシリーズはまだ載っていないです・・・・

http://www.aime-bijoux.fr/

RIMG3584.JPGRIMG3586.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この数日のお散歩の際にパリみかけたのバラです。

ディスプレイの参考にもなるのではないでしょうか・・・

hanaameba.jpgのサムネール画像IMG_6117p.jpg

 

 

写真 3.JPG写真 4.JPG写真 1.JPG

 

 

 

 

 

写真 2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっぱり、バラっていいですね~

弊社も、ローズの香りのアロマをたくさん扱っています。

ぜひ ご自分のお気に入りにローズの香りを見つけてください。

 

ヘルムトニュートン写真展 グランパレにて開催中!いいですよぉ From Paris

 

IMG_5956HM2.jpgIMG_5955HM1.jpgのサムネール画像

あつ~い日が続いたと思ったら今週からは、突然ひんやりしているパリです。

今日は、最近行ってよかった、展覧会をご紹介。

モードフォトグラファーの大御所 ヘルムトニュートンHelmut Newton の回顧展がグランパレで行われています。(6/17まで)

これが、なかなか見ごたえがあり、モードと写真の関係を改めて考えさせられるいいものでした。

ヘルムトニュートンは、モード写真にエロティズムをいれながら、美を追求した初めてのフォトグラファー。彼の作品の多くは、フランス 「VOGUE」社との仕事。70年代 センセーショナルとされた彼の作品ですが、今見ても、とっても新しく、数十年前のものとは思えないもおしゃれ感が感じられるんです。ファッションをとってもすごく今の空気感を感じる。

美、見栄、虚構、権力、贅沢などがまざりあったファッションの世界に、ユーモアとエロティスムを加えて、美しく芸術として仕上げていった ヘルムトニュートン。雑誌の1ページの写真としてだけでは、勿体ない作品ばかりです。

 

IMG_5957HM3.jpg

そして、私個人的には、なぜか、写真の中にいる人の個性と、生き様、彼らのライフスタイルみたいなものをひしひしと感じ、ファッション写真だけではない、被写体の人間の力を感じるんです。

そんな彼の作品が、会場にゆったりと200点以上が飾られています。

私は、週末を避けて、夜の回を予約していったからか、人にさえぎられることもなく、写真の世界にぞんぶんと浸ることができました。

ちなみに、80歳を超えても、精力的に活動していた彼ですが、自分の運転する車の事故で83歳でなくなりました。

IMG_5960.JPG

 

ただ、ちょっと、残念だったのは、1年ほど前にベルリンに行った際に、ヘルムトニュートン美術館で見た内容とほぼ同じだったことかな?流されていたVIDEOもまったく同じでした。(ちなみに、彼は、ドイツ人です)

けど、箱が変われば、感じ方も違うというもので、今回も、見ごたえのあるものでした。

 

IMG_5958hm.jpgのサムネール画像