パリ日記

フランスのパン屋さんに異変が!From Paris

photo 22323.jpg

 

photo 423233.jpg

これ、普通の私が毎日行くパン屋さんです。

これで、3件目、フランスのパン屋さんにも意識改革が・・・!?



machines.jpg

そうです。最初は、オペラ地区にある日本食材屋さん京子で、見たのですが・・・

おつり渡し機械です。

フランスのパン屋さんちょっと、奥さんの管理が行っている雰囲気のところは、ゴム手袋なんかをしている。

しかし、

ゴム手袋をしているその手で、パンも触るし、お金も触る

そうです。 意味ないじゃ~ん というところが多かった。

フランスも、衛生面の意識が変わってきているのか、この機械を導入することによって、お釣り銭の間違いと人件費の節約なのか・・・ わからないけれども、よかった~と思う反面 ちょっとふれあいのなくなる感じもあって、さみしいです。 だって、パンを渡されて、じゃらんじやらん とおつりがでてきて、お店の人は、その間に、もう次のお客様の対応をしている。

そして・・・・

一人でむなしくおつりをお財布にしまうのでです。 なんか、考えすぎかな~ ちょっとさみしいよね。

Bonne Journee ! (よい1日を)    Vous aussi (あなたもね) という普通の会話もなおざりになりがち。機械のスピードに人間が合わせてしまっている。

どちらにしても、衛生面に気を付ける計画にあるというのは、うれしいことです。

 

 

 










 

パリで、今日 気になっちゃものたち From Paris

 

番外編

photo4545.jpg

 

IMG_5097.jpg









IMG_5283.jpgのサムネール画像

IMG_6008.jpg







IMG_6007.jpg

IMG_5740.jpg

 

 

Musee Louvre デッサンとフォトのアトリエ参加 From Paris

 

IMG_5076p.jpg これは、私のお気に入りスポットのひとつ。 ”ルーブル美術館のピラミッドを下から眺める”の図

こんにちわ パリは、雨続きの日々です。

けど、家に閉じこもっていては勿体ないということで、今日は、あまり人に知られていない情報を教えちゃいます。

ルーブル美術館の入り口(建物事体ではなくてチケットを購入後本当に入る入口)の右側に、こんな垂れ幕があるところ気づいていましたか?

ここは、ルーブル主催のアトリエ、コンサート、コンフェランスなどの申し込みが行われるスペースなんです。ここに入っていくと、季節ごとにいろんなプログラムが置いてあります。

そのプログラムをチェックしながら、

金曜日の夜 そそくさと 私 ルーブル美術館に出かけることが多いんです。かれこれ、3年間ほど、たまーに思い立った時に出かけるのですが、現在のところ、日本人の方には会ったことがないです。

miteiru.jpg

それは、月に2回金曜日の夜 18H30-ルーブル美術館でデッサンのアトリエが行われています。テーマはその時によって違うのですが、先生と15人ほどの参加者で、ルーブル美術館をお散歩しながら、デッサンして歩くのです

先日参加した時は、素材を描くということで、木製の彫刻(17世紀のもの)を前に、はがれおちてきている色や木肌をどのように描くか。。。なんて、ことを、しました。

みんな楽しむために来ているので、テクニックとか、私 デッサンなんてできない・・なんて、みんな気にしていません。

tyoukoku.jpg

なにせ、私もデッサンは苦手です・・・




 

 


IMG_8008.jpg


そして、先週行ってきて、楽しかったのが、写真のアトリエです。

デジカメ(一眼レフではないですが)も全部用意してくれて、手ぶらで参加です。

プロのフォトグラファーと一緒にお散歩しながら、今日のテーマは、ズームによるコンポジション。

たとえば、17-18世紀絵画の中から、デティール的に自分の心にジンとくるものを見つけて、自分の好きなように、構図を作る。

こんな風に・・・ 私は、手が好きなので・・・


P1000807.jpg

けど、この絵 本当は、こんな絵

愛情いっぱいのお姿。

P1000809.jpgのサムネール画像のサムネール画像

とか、次は・・・

この方 こういう風に ズームしてみると、いまいち女性か男性かわからないと思いません?

17469667.jpg

この方 実は、こんな人なんです。

P1000812.jpg

 

P1000837.jpg

 

なんて。テーマを理解しているんだか していないんだか わからない 私ですが、

いつもを違う視点で絵を見ていたことは確か。

いろんなところを写真を撮りながら、移動していたら、パレロワイヤル広場をぼーっと眺めるムッシューに遭遇。 全くテーマとは関係ないんですが、なんだか、この哀愁あふれるお方。どうも 声をかけたいけれども、かけてはいけないような・・・ちなみに、有名な貴族の方だったようです。

 

そして、最後は、みんなが撮った写真を見ながら、先生がコメントを言ってくれる。これが、また、人それぞれの視点で写真を撮っているから勉強になりました。

 

あ~楽しかったと出ると。

クローズまじかのルーブル美術館。こんなに暗くなっていました。

あ~パリの夜はふけていく・・・22H00なり

IMG_8054.jpg

 


ご興味のある方は、こちらをご参考に、プログラムも掲載されています。子供のアトリエも充実しています。

ただ、あらかじめ、予約に足を運ばなくてはいけないのが、ちょっと難ですが。。。

http://www.louvre.fr/ateliers

 


★★デッサンのアトリエも写真のアトリエも楽しいです。

そして、なぜか、毎回、アトリエの後は、こってりラーメンなりたけ を食べてしまうんです。。★★

 

 

 

 

 

pyramide.jpg