パリ日記

フランスのステーショナリーについて Papeterie INTAGLIO ステーショナリーショップ  FromParis


intag ext.jpg

用事はとく~に ないんだけれども、近くに寄ったら、

少し足を伸ばしてでも行ってしまう店ってありません?

ご存知の方も多いと思いますが、パリってそういうお店がたくさんあるんです。

だから、気づくといつも、ぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶら・・・としている私です。


で、今日のご紹介するのは、

ステーショナリー&印刷屋さん INTAGLIO (イタリア語で「沈み彫り」という事らしい)

ルクセンブルグ公園のすぐ横にひっそりとあるお店です。このあたりって、学校教育地区というか、ソルボンヌ大学に始まり沢山の学校があって、この辺りの6区は、落ち着いてインテリジェンスな雰囲気が感じられるショップも多いです。

inta shopwindow.jpg

そんな素敵な界隈にあるこのお店。

まずは、見てください~

こんなアンティークなショウィンドーなんですが、雰囲気はどちらかというとスタイリッシュな雰囲気に仕上がっているんです。

実際 こういう雰囲気を実現させようと思ったら、結構難しいですよねーこの棚の色もなるほど!と勉強になります。

 

inta shop1.jpg





 


intag shop2.jpg

 

←このテーブルの上においてあるノートたちの色使いを見てください

はーい UPはこちら  →



intagpoisson.jpg


そして、お店の中に お魚が・・・

一緒にいた娘(2歳)は大喜び。

この突然さ。いい感じ、けど、よく見ていると、本当に水族館にいるような感覚に・・・このガラスって昔のアトリエによく使れていたタイプ。

ポストカード、ノート、紙、など素敵なものが沢山なのですが、お店の人と相談しながら、名刺やウェディングカード、BABY誕生のカード、などを作れるんです。シンプルだけれども、かっこいい。

紙の色も豊富ですし、センスのいい店員さんと相談しながら、決める。いつか 作ってみたいものですねー。

 

INTAGLIO  

http://intaglio.fr/

 3 rue de Fleurus 75006

01 45 44 90 02

火曜日ー金曜日 12h-19h

土曜日 11h-18h

このほか17区にも支店があります。


余談 ですが、

また、私がぶらぶらがてらに立ち寄る もうひとつのご近所さんのステーショナリー屋さんは、こちら Marie Papier

素敵な紙やラッピング 手帳 カード 見ているだけでうきうきのアドレスのひとつです。

Marie Papier

26 rue de Vavin 75006

01 43 26 46 44

 

 


facture.jpg

余談 2 !!

文具つながりで、フランスの文具といえば、こちら・・・

フランス人なら誰もが使っている このノート 複写式なので、領収書としてメモとして何にでも使っているんです。

大きさも色もあ使いやすくて、これこそ長年愛用されてきたフランスの文房具です。

詳細は、こちらから・・・

日本でも COOCOOパリからのセレクトショップ で購入できますよ~

これ密かに売れている商品です。


あー文房具 大好き~ アンティークものから スタイリッシュなデザインものまで本当に好きです。

余談 !! 余談が続いてます~ 終わらない~

文房具ついでに、 これ、フランスでいたるところで使われている

ちぎり用の紙 (??名前がわからない)

例えば、クロークとか、カフェとか 至るところで、一部を切って渡される。

ちょっと前からどれだけの色があるのか気になっていた。先日文房具売り場にて山ほど色を並べてみた 結構 かわいいくない?

kamiiroiro.JPG


ではでは、今日は、このあたりで、余談終了!!

今日も、最後まで読んでくださってありがとうございます。


やっぱり 文房具 いいですよね~ 

 

 

オペラに初登場!こってりラーメンなりたけ From Paris


今日は、 パリで話題騒然 パリの友人たちの間で どお行った? とかわされる会話

それは、 それは、

                                               じゃんーん

ramen1.jpg

こってりらーめん 背油をふりかけたラーメン。

あぶらさんが、たくさん浮いてましたよ 浮いてましたよ。 久々に食べました こういうラーメン。

パリにラーメン屋さんはあるけれども、どちらかというと、中華ラーメン系。 それで、いいと こういうものだと思ってました。 パリ在住の人、みんながこういうもんだと、これに納得していましたよ。 こってり系のラーメンは日本に帰国した際に楽しみにそのときだけ食べれるものだと、諦めていました・・・ 涙涙

しかし、こんなものができたら、やっぱり 行ってみたいでしょう!!ex ramen.jpg

こってりラーメンは日本人の魂だ!という友人に連れられて言ったら、食べている人たちの なんとも、リラックスしたいい顔と言ったら・・・ビール シュパーなんてやっている奥様たち、若い男の子。結構日本人熟年夫婦ものんびりとすすってらっしゃる・・・ あーみんなこういうの求めていたのねー なんて 人観察に入ってしまう私。

朝から何も食べずに挑んだ私は、2E追加で麺2倍? ちょっと惹かれたのですが、ひさびさにお腹にずっしん!普通盛りでもやっと食べ終わりました。

ところで、

こんなすばらしいお店をパリにもってきてくれたのは、

津田沼の行列店「こってりらーめん なりたけ」です。 ご存知ですか?

ラーメンはしょうゆ、味噌の2種(各9€)。

私が食べた 上の写真のは、これらに味付けタマゴをのっけた味玉らーめん(10€)

オープンして数週間しか経っていないのですが、開店20分前には行かないと 入れないんです・・・よ。

特に、こってりしたラーメンが好きだったわけでもないんだけど、気づいたら、週に1回行ってたりしちゃってます・・・ あはっ すきなんじゃーん って自分でつっこんでいる私です。

 

お客様優先の日本的サービスもここちよいなり・・・

今日は、ちょっと ツーすぎる? パリに住んでいる人にしか重要でない話題かもしれませんが、あまりにも、すごい騒がれているんで、ラーメンでした。


次回は、ルクセンブルグ公園の脇にあるインテリアも素敵な、お気に入りの名刺屋さん

その後は、パリのクリスマスウィンドーなんかどうでしょうか? お楽しみに~

いつも読んでくださっている方ありがとうございます。

こってりらーめん なりたけ
31 rue des Perits-Champs
75001 PARIS FRANCE

12h-14h30/19h-22h 日休