パリ日記

ストックホルムのサロンFORMEX 市内編 No2


CIMG1067.JPG

 

CIMG1268.jpg



ストックホルム第2弾!

8月12日ー15日までストックホルムで行なわれた北欧最大の雑貨とインテリアのサロンFORMEX
弊社の新アイテム探し、また、既にお取引のあるスエーデンのメーカーさんとの打ち合わせなどしてきました。
~会場の雰囲気については、こちらをご覧下さい~

っで、今日は、市内リサーチ中に見た、色々な風景をお届けします。 市内でも、新しいアイテムなど、北欧ならではのものに出会えたり、早足でしたが、同じヨーロッパでも、生活習慣も違ければ、売られているアイテムもパリとはまた違う。
色々、新しい発見 多々ありでした。
町並み拝見。   世界の車窓から~って感じで!

CIMG1265.jpg

↑ 同じ石の建物でも、ファサードのモチーフも石の色目も勿論違います。エレガントで、優しい感じの19世紀の建物が沢山残っています




 
CIMG0868.JPGCIMG0863.jpg

kodomo.jpg
なぜか、無秩序に並べられた植物たち。だけど、それが、なんだか、憩いになっていました。。。。


とあるレストランの入り口






沢山 ブティックがあつまっているのは、ストックホルムの南側”SODELMALM”地区
お店においてあったこの辺りの周辺MAPがかなり役立ちました。
いい感じのCAFE 洋服屋 靴屋 VINTAGE屋 雑貨屋 古雑貨屋・・・ 

そして、お店が沢山あるし、公園も沢山ある。なかなか素敵な町開発の仕方でした。憩いながら、ショッピングを楽しむ 地元の人たちのリラックスした顔が印象的でした。


CIMG0853.JPG














CIMG1249.JPG

pan2.jpg


夕方だったので、ほとんど売り切れてしまっていたパン屋さん。
シックでとってもおいしいパン屋さんでした。


シンプルなパンを入れる袋。
いい感じ~







sac.jpg
←町を歩いていたら、楽しそうな素敵な袋を持っているベビーカー連れの家族。”それどこのお店ですか?”と聞いて、たどり着いた子供服屋さん。
その袋 なんと塗り絵になっていました。これは、子供も大喜び!
ナイスアイデアですね~

次回は、ストックホルム第3弾 スーパーマケット素敵なパッケージ特集。
いい感じですよ~お楽しみに。


CIMG1149.JPG← そして、なぜかよく見かけた、水のフルーツづけ。レモンとかは、良く知っていましたが、色んな種類があるのですねーそして、きゅうりづけの水も何度か出会いました。
お水の中に、きゅうりがぷかぷか浮いておりました。

はい・・・きゅうりの味のする水でした。 何度も出会ったのは、これは、偶然なのか、文化なのか・・・



とういことで、次回は、ストックホルムの
スーパーマーケット パッケージ編です。
たくさん たくさん かわいい こわい 面白い いい感じ~ なパッケージが出てきます。

お楽しみに~ 


 

ストックホルムのインテリア雑貨のサロンFORMEXに行ってきました。会場編 No1

 

centre.jpg

 

 

2010年のヨーロッパの夏も、終わろうとしています。
パリの街は、少しづつ バカンスから人々が戻ってきています。
しかし、ブティックは相変らずお休み・・・
ようやく今週からぽちぽちと開きだしました・・・




私はというと、8月12日ー15日までストックホルムで行なわれた北欧最大の雑貨とインテリアのサロン” FORMEX”に行ってきました。
cafe.jpg
 
パリからだと、飛行機で2時間半 という近さ・・・ 国内旅行のような感覚ですね。
 
5年前にも、フィンランドのサロンを回って、今回行ったストックホルムのサロンを回ったので、2度目のストックホルムでのサロンです。
 
空港についた途端 あー 北欧デザインです。あーそうでした。 そうでした。 じょじょに思い出してきました。
3つのホールに渡り、全体的な間取りも、広々した感じです。
パリの ”メゾン&オブジェ”に比べると 道も広く、人も少なく、見やすい~。

商品を見て歩く側としては、これくらいゆったりしているといいですよね~。

子供王国のスエーデン 会場内も、大きい ベビーカーで溢れていました。
私の住んでいるフランスも出生率が高いのですが、なんだか、とにかく目に付く 妊婦さんとベビ-カー。余談ですが、ストックホルムでのベビーカーの主流は、BRIOとCIMG1128.JPGBugaboo。
フ ランスは、なんといっても、マクラーレンとベベコンフォー。特にパリは、狭いところで小回り効くのでとっても便利なマクラーレン。タイヤもマクラーレンの 1.5倍ほどはあると思えるスエーデン人ご愛用のこの2社。寒い雪道。広い家、広い道、お国が繁栄されますね。そして、車のナンバープレートのように、ベ ビーカーに、子供の名前をつけているのが流行っているようでした。

っで、
弊社でもスエーデンの会社 3社と既にお取引をしています。
その中でも、人気なのが、こちらの カルーセルeffie_8012.jpg
こちら、ティーキャンドルを灯すと、くるくる回る。気軽に使えて、しかも、かわいい。そして、眺めているとほわんほわん~と夢が広がります。+プレゼントにも最適!!!!
ストックホルム市内のブティックでも沢山見かけました。 種類も沢山あるので、それぞれのお店が、雰囲気にあわせて上手にセレクトしていたのが、印象的。
こちらのメーカーさん、今回のサロンでも素敵な新商品が目白押しでした・・・ 弊社でも新しいタイプも扱うかも!? 乞うご期待のアイテムです。

 
シンプルでピュアな北欧デザイン。それだけでなく、この数年で、アンティークの雰囲気がプラスされて、暖かいデザインが増えている感じです。
 
余談ですが、今、パリのアンティークの世界では、数年前から白っぽく古色を活かした家具が人気。
これらの多くは、ギュスタヴィアンスタイルを引きついでいるものが多いのです。このギュスタヴィアンスタイルこそ、
スエーデンとフランスのインテリアの融合なのです。18世紀、ヴルサイユ宮殿を訪れたスエーデン王ギュスタフ3世がルイ15世に影響を受けて発展させ様式なのです。それを、今 またフランスが呼び起こして人気のスタイルとして復活しているんですよ~
クラシックなんだけど、モダンな雰囲気にもぴったりなんです。
 
っで会場の一部をご紹介。
CIMG0891.JPG
ストックホルム市内から、郊外電車にのって、会場の駅についたら、こんなのどかな感じ。
パリのM&Oだったら、電車から降りた途端に、人の やまやま。こちらは、本当のやまやまです。

本当にムーミンとかでてきそうな感じです。



CIMG0892.JPG

会場の入り口、立派です。

あー絶対 何かみつけたい!と高鳴る鼓動です。




 

cafe2.jpg
上にあるCAFEの雰囲気です。ランプもひとつひとつ違うメーカ-さんのものでデコレーション。
さりげなく、色んなメーカーさんのオブジェが置かれていたりで、なかなか楽しめるCAFEです。
こんな感じのCAFEがいくつかあります。しかも、北欧の国以外からの来場者には、コーヒープレゼント
クローク無料チケットなんかもついていました。




リサクルマッサージ.jpg
エコに関心の高いスエーデンならでは、会場で使用したバッジもリサイクルBOXへ入れて下さい との事。

そして、マッサージチェアが突然現われる。
けど、このマッサージチェアの木目の色合いといい
なんだか、気に入ってしまいました。
リラックス色ですねー



jesus.jpg



パリもそうなんですが、キリストアイテム。
流行りの兆しです・・・
とあるメーカーさんのディスプレイより。






baskect.jpg

次回は、ストックホルム市内をちょっとご紹介!

フランスの子供の塗り絵 私がした~い From Paris

 
フランスで本屋さんに行くと、私がチェックするコーナーのひとつ。
それは・・・・
 
子供本売場でも、”塗り絵コーナー”に必ず、足を運びます。
だって、かわいんですよ。塗り絵って、私が欲しくなってしまんです。
いつも・・・
 
まずは、私のお気に入りから。
nurie.jpgのサムネール画像
 
パリのモニュメントを網羅した塗り絵

 
ちなみに、塗り絵でお散歩できるモニュメントは、24箇所


この塗り絵のお気に入りPOINTは、参考の出来上がりバージョンと 白紙のバージョンと両方があるところ。
nurie2.jpgのサムネール画像
出来上がりバージョンは、これはこれで、壁に飾ってもいい・・・見るだけで、なんだか、楽しい気分になるんです。

エッフェル塔 凱旋門 コンコルド広場 ルーブル美術館 オペラ座
カフェ パリの広告塔 パリの屋根 ヴォージュ広場 バスチーユ広場 ・・・
 
ほら~やりたくなったでしょう?
 もう一つパリの塗り絵
CIMG0422.JPGのサムネール画像






coliparis2.jpgのサムネール画像coliparis1.jpgのサムネール画像


 
 












こちらは、なんだか、絵が気に入ってしまった。
adapte.jpg
こちらは 塗り絵ではなくて、シールで貼ったり、着せ替え人形みたいにできたり、盛りだくさん。
adapte2.jpg
 









CIMG0435.JPG
EMILIE(左)
これは、70年代に流行った子供の絵本。
この絵本、蚤の市で見つけて 私のお気に入りのシリーズなのですが、全てのストーリーが、素朴でかわいいんです。
この本に親しんだ世代が今 親になって自分の子供の為に本を選ぶ。そうしたら、自分が好きだった本を選びますよねー。
ちょっと上手なビジネス戦略?!なんて~
 

そして最後は、塗り絵初心者2歳時~(写真 上 右)
これは、フランスの子供が大好きなキャラクター ”チュピ” これで、子供達は、いろんなことを学びます。
我が家でも、息子がお兄ちゃんになる準備には、チュピに妹ができる本、
チュピと一緒にトイレトレーニング チュピと一緒にご挨拶の練習 などなど。
この塗り絵は、なにせ、塗る部分の周りが、普通太枠になっているところに、なんと凹凸が着いている。だから まだ不器用な子供が あら~とクレヨンを滑らせても、ひっかかるっていうシステム。
なるほどー それだけのことなんだけど、私、感動してしまいました。
けど、至れりつくせりの日本ならこういうものありそうですよね。

お気に入りのありました?

次回は、明日から行くスエーデンのストックホルムのインテリアサロン情報です!!
素敵な雑貨に出会えるかな~

サンタルーチャ カッコいいはずなのに、かわいいんです。From Paris

 

CIMG0516.JPG

カッコいいはずなのに、かわいいんです。 これ・・・・



先日、友人主催のイベントに呼んで頂いて、行ってみたら、なんだか、楽しいものとの出会いだった。
パリ11区のアトリエでデザインされ、 手作りされているものたち・・・
 
こわいんだけど、なんだか、かわいくて・・・ かっこいい・・・santa.jpg
 
一人一人の顔も雰囲気も違う そして なんだか愛らしい。

メキシコで大人気の Lucha Libre (ルチャ・リブレ)=プロレス。けれども、私達がイメージしている格闘技という感じではなく、メキシコならではのスポーツだそうです。そんなルチャリブレに魅了されたグラフィックデザイナーとクリエーターKao & Totoの手でひとつひとつ いやいや 一人一人大事に作り上げています。

 

パリでは、実は、プロレスのマスク ”キャッチ”も密かなブーム。
 
Tシャツもすべて手作りで刷り上げているそう。だから、一般的な流通にはのらずに、自分たちで作って、本当に気に入った人だけの元に行ってほしい・・・そんな暖かい気持ちが伝わってきます。
 
11区のアトリエのある建物のパティオを開放して、”EXPO-VENTE” 展示しながら、購入もできてしまう!
みんなでおしゃべりしながら、パリの夜は更けていきました。

http://santalucha.jimdo.com/

http://www.santalucha.com/

後ろ姿で し つ れ い!後ろもいけてるでしょう?サンタルチャのこのボディー。
私もサンタルチャのボディーを着せてもらって 元気 元気!
また、次回の パリ便りお楽しみに~CIMG0596.JPG