パリ日記

ろば石鹸

CIMG0252.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0253p.jpg

CAFE Auberge シャトレのお薦めレストラン From Paris

バカンスが始まり、パリの町も閑散としてきました。

っで、今日は、グルメ情報です―

パリ市庁舎がある付近、メトロ シャトレでちょっと食事をと思うと結構あまりお勧めの落ち着くレストランってないのよね・・

CIMG0372.JPGと思っていたところ、最近話題のレストランに行ってみました。


そこで、友人夫妻と久々のおしゃべりディネ


漆喰のこる古い建物をそのままレストランとして使っているAUBERGE CAFE.

1階では ジャズを聴きながらアペルティフをとるもよし。テラス席でゆっくりと沈む太陽と一緒に食事をするもよし、2階席でゆったりとお食事を味わうもよし。


オーナーの奥様が日本人という事で、日本人のお客様も多く見かけます。

ランチで17EUROS 夜でも30EUROS 36EUROSと お手ごろかつ一品一品ちゃんとしっかり凝っている。


私の今宵の私のメニューは、

アントレ ガンバスのサラダ マンゴーソース   main.jpg

メイン  magret de canard にフォアグラとベットラーブのソース

コーヒー


結局、デザートまで頂きました・・・うふふふ おいしかったのです。

dessert.jpg

真っ当度のとっても高い! レストランでした。 CAFE という店名にしておくのは勿体ないわー。 レストランとか、せめても、ビストロとすればいいのに・・・


4 rue Bertin Poiree 75004

www.auberge-cafe.com

 

たかが消しゴム されど消しゴム けど、これが売れているんです。 From Paris

 

なんだか、これ パリで売れているんです。

・・・消しゴムなんですけど・・・

CIMG0311.JPG

2年ごしで、気になっていたんです。

これは、誰が作っているのだろうか。

消しゴム自体に何も書かれていないし、ビニールなどのパッケージもされていないから、連絡先もなにもなし。。。CIMG0313.JPG


そして、仲良しになった40年近くある文房具屋さんのオーナーさんからやっと情報を貰い、たどり着けた!!! この消しゴムを作っているメーカーさんまで。。。。

それで、今週そのメーカーさんを訪ねたら、こんな消しゴムも作っていました・・・

CIMG0322.JPG
パリの雑貨店では、あまりみかけないけど、学校関係者に人気のあるのは、

こちらのシリーズらしい。 ごもっとも・・・


ちなみに、3人とも分かりました?


左から・・・

こちらは、みなさまご存知。 モナリザ(フランス語では、ジョコンドと言います)

ナポレオン サンルイ(王様です)


しかも、私、この消しゴム、勝手に中国製だろうとおもっていたら、ヨーロッパ製。

しっかり消してくれるし。

デザインだけでなく、実用性も兼ね備えている。 使いながら デスクの上に置いていたら、 デコつぽくなる。


そして、2年前のエッフェル塔と比べると、消しやすい形に、改良を重ねられて、

微妙にプロポーションが違うそう・・・

やはり、パリでもエッフェル塔も大忙しです。

 

エッフェル塔ほど忙しくないけれども、やっぱり、お忙しい凱旋門さんです。

CIMG0312.JPG


子供服グッズサロンプレイタイム Salon for childres & baby From Paris


CIMG0373.JPGのサムネール画像

 

年に2回の マタニティー、赤ちゃん、子供向けの洋服 オブジェの

プロフェッショナルサロン-プレイタイム。

日本でも開催されるようになってきたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・

 

パリでは、週末から本日7月5日(月)まで3日間にわたりパリの東 ヴァンセンヌの森 内のサロン会場にて行なわれています。

毎回 かわいいデコレーションで感性を刺激してくれます。

子供むけのアトリエなどもあり、子供をつれてゆっくり見れるサロンとしても人気です。

フランス国内外から多くの出展者がつどいます。日本のお洋服メーカーさんも頑張っていました。やはりなんだか、嬉しいですよね。


そのかわいいデコレーションの一部です。

CIMG0381.JPG CIMG0374.JPGのサムネール画像


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回からの出展で 質の良さとデザインのかわいさで注目を浴びているHELENE COUSIN.CIMG0389.JPG

まだ20歳代 2児の母でもある彼女は、自分の子供にも着せたい暖かい服です。裏地までもこだわりを捨てずにつくりつづけています。