パリ日記

年末・年始営業日のお知らせ

当社の年末・年始の営業を下記の通りとさせて頂きます。

 

休業日:平成21年12月27日(日)~平成22年1月4日(月)

1月5日(月)より通常営業となります。

 

皆様には本年も大変お世話になりまして、ありがとうございました。

来年も引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

 

年末

当社では年末年始の営業を下記の通りとさせて頂きます。

 

休業日: 平成21年12月27日(日)~平成22年1月4日(月)

年始は1月5日(火)より通常通り営業となります。

 

皆様には本年も大変お世話になりました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

年末・年始営業日のお知らせ

当社では年末年始の営業日を下記の通りとさせて頂きます。

 

平成21年12月27日(日)~平成22年1月4日(月)

アポリーヌの人形による子供服屋さんクリスマスウィンドー   from Paris

 

クリスマスまであと数日。

パリは、プレゼントを買う人で賑わっています。けど、デパートのウィンドーに例年に比べてあまり人だかりが出来ていないのが、ちょっと気になる寂しいこと。

そして、1月にのセールに向けて、実は、プライベートセールとなるものが、こそこそと始まっているのもこの時期。我が家も、子供服なんかは、このチャンスを逃さずに購入します。

私の好きな子供服 BONTON のウィンドーです。


IMG_1945.JPG

日本でも、フランス子供服のBON POINT ボンポワン のお店がありますが、このボントンは、ボンポワンの息子さんが作った子供服ブランドです。 ちょっと かっこかわいい感じが私はお気に入りです。男の子にかわいい子供服って探すの結構大変なのですが、ここは、なんだかかっこよい感じでお薦めです。

ボントンのサイトは、こちらから

そして、そんなボントンのクリスマスのウィンドーを飾ったのが、パリで今注目のぬいぐるみやモビールアーティスト APOLLINE MALKAさんによるもの。


bonton noel.jpg










私的にも、注目しているアーティストです。 かわいらしんだけど、なんだか、ピリッとエッセンスの入った作品ばかりです。サイトもかわいいので、是非チェックして下さい!

 

APOLLINE MALKAのサイトはこちらから。



 

 

クリスマスウィンドー + ユニクロ!! from Paris

 

どうもどうも、 EF パリ部隊です。

ところで、パリのクリスマスウィンドーの紹介です。

やはり毎年チェックするのは、デパートのウィンドー。お隣あわせの ラファイエットとプランタンです。


IMG_1804p.jpgIMG_1805p.jpg

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、去年の方が、ときめきがあったかなぁという感じですが・・・相変らず、子供達と それに付き添う大人で 平日の昼間とはいえ、賑わっておりました。


そして、ふぅーと 後ろを振り返ると。。。。

 

IMG_1800p.jpg

1ヶ月ほど前にオープンした ユニクロ! オペラ座のすぐ後ろ。パリのデパートが立ち並ぶ 一等地に、大きいお店が・・・

週末は、入るのに行列。支払いに行列の 大成功のようです。

IMG_1806p.jpg

 

 

あら あら! 本当にこのカバンを持っている人が パリ中たくさん見かける今日このごろです。

 

エステスタッフ同様、私も、頭の中を クリスマスソングがずっと回っています。それも、息子が歌っている フランス語のクリスマスソング。よく歌詞がわからないから適当に歌っていたら、人前で、”まま 知らないから” とフランス語で言われました。くやしいぃ・・・

 

次回もクリスマスショーウィンドーです!                                      From Paris

BIC 40周年記念 限定4色ボールペン from Paris

 

”ボールペンのBIC” と聞いて 知っている方も多いのでは?

フランスでも最も一般的な ボールペン メーカー。1960年代からの会社です。それまでは、フランスは、万年筆文化だったので、ボールペンはとっても斬新なものだったよう。

IMG_1247p.jpg

そんな老舗メーカー 40周年記念の限定品 4色ペン。 これが色がなんともかわいいんだなぁ。

とりあえず、全部試さずにはいられない。し・か・も、これが、書き易いんですね。

ちょっと 最近の お気に入りです。常にカバンに忍ばせております。

万年筆.jpg書き物 つながりで。。。

小学校に入るとまずは、万年筆でアルファベットの練習を今でもするフランスですが・・・

そんな時に、万年筆練習用として、学校推薦の万年筆が LAMY製のものです。これも、私のお気に入りの一つ。(ちなみに、LAMYは、ドイツのメーカーです。)

左の写真の右側にある木製のものがそうです。

この万年筆は販売していないのですが、ノートに興味ある方は、こちらから。



 

 

ガラスデコレーター Odile Casset クリスマス前のソワレ From Paris

 

もうすぐクリスマス!!

パリも賑わってきています。そして、日本で言う忘年会の感覚なのでしょうか。

ギャラリーやブティックなどで色々なパーティーが開かれて、夜も忙しくなるのがこの時期です。


IMG_1796p.jpg


先週行ってきたパーティーの一こまです。 アパートの窓から見えた パンテオン。

彼女 Odile Casset と知り合ったのは、5年ほどまえ。パリの5区に小さいけれども素敵なお店があるなぁとのぞいたのがきっかけ。

店には、素敵なガラスで作られたテーブルアートの作品が、上品に輝いていた。それ以来、私は 何かあるとお店に立ち寄り、もの、オブジェ、テーブルアートが好きな私達は、色んな話しをする仲となりました。

弊社で多く扱うバスグッズなんかを、ODILEデザインの繊細で素敵なガラス器なんかに入れたりと、彼女のオリジナル商品をいつか扱えたらいいなぁなんて思いながら。。。

 

今宵は、彼女の5区のアパートで(これ!また素敵でした) クリスマス前だから、

シャンパン BIOフォアグラ の アペルティフ(現地直送で購入も可能)を頂きながらの

大人のパーティーでした。

IMG_1797p.jpgIMG_1795p.jpg


 

 

 

彼女の作品と他のアーティストの作品が上手く調和して飾られていました。4部屋にそれぞれに素敵にデコレーションされていました。 右は、さりげなく彼女のガラス器を使ってのビュッフェでした。


Odileについてちょっと説明すると、美術学校を出た後、ガラスの素材を最大に生かすガラス彫刻家として活躍。女性ならではの、優しさ中に鋭さのある(私の勝手な解釈ですが。。。)オブジェをつくりだしています。そして、舞台美術やオートクチュールのアクセサリーも手がけ、エルメスゲランなどのデザインも担当していました。

パリで年に2回開催される 国際インテリアデコレーションのサロン メゾン&オブジェにも出展しています。

9394.jpg




 

 

 

シャンパンも勿論ODILEのグラスで頂きます。そして、一緒に行われていた水タバコのアーティストのクリップがビデオで流れていました。

パリの古い建物は、大体が100年以上前のもの。ホスマンさんが設計したパリ改造計画に伴って1800年代後半に建てられたものが殆どです。だから、その時代に立てられたアパートは、オスマニアン様式といって、今でも最も素敵で、高級とされています。外観からでも一目瞭然ですが、床の木目の張り方や天井の装飾などをみれば、だいたい分かります。そして、そのオスマニアン様式でも、右のような暖炉があるのは、さらに古い時代に建てられアパートの証拠です。

Odile Casset

www.odile-casset.fr