パリ日記

Paris クリニャンクール蚤の市に登場!スタルクデザインMa Cocotte

 

最近 クリニャンクールがおしゃれになってきてしまっています。

よく 蚤の市を案内してくださいと言われるのですが、やはりクリニャンクールは、掘り出しものという点では、やはりお値段から言っても難しいし、パリ市内から比較的遠いし、治安も悪いので、ご案内する方の手持ち時間などを換算して、他の蚤の市をご案内することも多いのですが、

最近のクリニャンクールは、おしゃれという意味では行く価値あるかもです。プラス 他の蚤の市もお値段上がって利しているので、セレクトされているので、やはりクリニャンクール最近オススメかも。という思う今日この頃。

DSC02966p.jpg

 

数か月前にOPENしたスタルクデザインのこのレストランも見どころの一つ。

フランス人的には、サントオーエン(フランス人はクリニャンクールとはいわずに、サントオーエンと町の名前を言う人が多い)に、スタルク!????。 いわゆるクリニャンクールまでもがBoBo化しているんです。

写真をご覧ください。

インテリアは、スタルクらしい 楽しい仕掛けもありの、産業ロフト調。
まずは、スタルクの仕掛けその一番!
cocotte5.JPG
見てください! ガラスの中に男の人が閉じ込められてこれが、微妙に動いているんです。
本当~にこわ~い。

あの隣の席では食べられないですね~
実は、これ、映像を使っての演出です。
隣には、女性が閉じ込められているんです。
私が行ったのは昼だからいいけど、夜だとかなり、こわ~い演出ですね。
さすが、スタルク。限りない創造力ですよね。






ちなみに、お料理は星付きシェフだったYannick Papinが担当。パリの人&蚤の市の古物商を満足させる為に、シンプルで家庭的な料理がコンセプト。
DSC02951p.jpgDSC02937p.jpg
















最近 新しいレストランなどで、再復活しているタイルの柄あわせ。

もともとは、20世紀初頭の 建造物などでは、へ~このタイルの組み合わせしてしまうんだ~というものを見かけるのですが、これが、ひそかに再復活のきざしです。








DSC02952p.jpgDSC02956p.jpg















クリニャンクールに次回いかれる際には、 是非、このレストランまで足を運んでみてください。
インテリアだけでも、行く価値ありですよ。

Ma COCOTTE

106, rue des Rosiers – Saint-Ouen (93400)
http://www.macocotte-lespuces.com

Paris 異国空間 Le Comptoir General いつも誰もいないショップ!?


DSC01654p.jpg

こんにちわ~ 今日もパリからです。

前回に引き続き、最近のお気に入りスポットの Le comptoir General の第2弾です。

パリのサンマルタン運河に突如現れた 異国空間いっぱいのイベントスペースLe comptoir Generalの中の小さなショップ

このイベントスペース内に、ひときわかっこいいスペースがあるんです。しかし・・・

ここいつ行ってもお店の人がいないから、販売されいてるのかどうかわからないのですが(笑)、セレクトがかっこいいので、一部を紹介です。

DSC01655p.jpgDSC01658p.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01665p.jpgDSC01657p.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01661p.jpg

パリには、BROCANTE雑貨をセレクトして、そして、ディスプレイ的にかっこいいオブジェを扱うショップがいくつかあるのですが、

ここは、BROCANTE雑貨にさらに、アーティストが手を加えて、オリジナルなオブジェに変身しているものばかり。

大好きなBROCANTEを、自分のセンスでさらに素敵なものに・・・



LE COMPTOIR GENERAL
80 Quai de jemmapes 75010 Paris

http://www.lecomptoirgeneral.com/

Paris サンマルタン運河に突如現れた異国空間 Le Comptoir General Ver1

 

DSC02833p.jpgのサムネール画像

最近 なんとなく普通のカフェに飽きてきたら行くところ。それが、ここ。

Le Comptoir General

DSC02834p.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

レピュビルックから、サンマルタン運河の上って行くと、なんでもないところなのに、やたらと人が入っていく所がある。知らないと絶対見過ごす入口。

 

 

一歩足を踏み入れるとそこは、異国。

キューバ?アジア?メキシコ?アフリカ? なんだか、よくわからないけど、とにかく、ラテンの血が騒ぐ(???)

カフェに来たのに気分はプチバカンス気分・・

基本的には、コンサートなどイヴェントなどにレンタルスペース。なんですが、奥にのCAFEや2階にあるBROCANTEスペース、古着屋さんスペースなどは、常設。

私が行ったときにやっていたイベントでは、タンゴ教室、有名DJにより踊りまくる人々(笑)キッズアトリエ(毎週日曜日に開催)、その日限りレストラン。。。。

奥の広いすぺースのカフェは、子連れでも安心。みんながテキトウにくつろいでいる。オススメは、日曜日のブランチとか、夕方のアペルティフ。

DSC01649p.jpg

奥の広いすぺースのカフェは、子連れでも安心。みんながテキトウにくつろいでいる。オススメは、日曜日のブランチとか、夕方のアペルティフ。 ドリンクも、ここで、頼んでセルフサービス。 何か食べたいんだけど。毎回 もうないよ~ 本当?準備しているのか?って感じですが・・・

異国情緒あふれるCAFEで、フランス人が大好きな “エキゾチック“ 満喫。

(フランス人のいうエキゾチックの中には アフリカ、南米、アジア 勿論日本も、つまり自分たち以外の国/文化はエキゾチックになっちゃうんですね~)


DSC02812p.jpgDSC02820.JPG


2階のBROCANTEスペース。

右 Cafe の一画にある突然床屋さん。実際使われていません。単なるデコレーション。意味不明だけどいい感じ。


 

 

 

異国情緒あふれるCAFEで、フランス人が大好きな “エキゾチック“ を味わってください。(フランス人のいうエキゾチックの中には アフリカ、南米、アジア 勿論日本も、つまり自分たち以外の国/文化はエキゾチックになっちゃうんですね~)

次回もここの魅力満載。また一画にある、いつも誰もいないお店です。けど、かっこいいんです。


LE COMPTOIR GENERAL
80 Quai de jemmapes 75010 Paris

http://www.lecomptoirgeneral.com/