パリ日記

Paris 右岸にもリュクススーパー登場 ≪Maison Plisson≫

SONY DSC SONY DSC    

パリにリュクスな新しいタイプのスーパーマーケット「La Maison Plisson (ラ・メゾン・プリソン)」が登場!

場所は、3区Merci と Merci経営のピザ屋さんGRAZIEの間。

500m2に及ぶ店内は、マルシェ、食材、ワインカーブ、ブランジェリ-、

ブッシェリー(お肉屋さん)、レストランがあわさった食空間です。

オーナーは、お店の名前にもなっているDelphine Plisson (デルフィーヌ・プリソン)さん。

もともとはモード業界の出身。アニエスベーやイヴサンローランなどのブランドで経験後、Claudie Pierlot (クローディ・ピエルロ)でディレクターを勤めていただけの細部までにセンスを感じる彼女のセレクト。

 

SONY DSC

店内のシンプルだけれども清潔感と高級感があふれます。そして、彼女は自身も2人の子供のお母さんであり、プラス、パートナーとの子供4人とも生活し、6人のお母さんであります。

IMG_8299pIMG_8298p

おいしそうなお野菜たち…(しかし普通の2倍~3倍 どうなんだろうかとちょっと疑問な一般市民の私 w)

お肉屋さんは最近とくにいいお肉屋さんで買うべきと思っているのですが、WAGYU(和牛)なんと 1kg=280Euros 通常の牛のフィレ1kg=約30Euros-40euros

IMG_8305pIMG_8292p

ちょっとお茶のつもりがサラダランチに。

こちらは、素材の味がしっかりしていて、とてもおいしかったです。

               

夜は、21Hまでと ディナーが始まるのがおそめのフランスとしては、ちょっと中途半端なクローズタイム。レストランというよりは、カフェ利用という感じですかね・・・

ちょっとだけ、この清潔感か、ロンドンのノッティングヒルの辺りの素敵カフェにいる気分です♡

La Maison Plisson


93, Boulevard Beaumarchais 75003 Paris


メトロ : 8番線 Saint-Sébastien – Froissart, Chemin Vert


営業時間 : 8時30分~21時


定休日 : 無休


http://www.lamaisonplisson.com/


From Paris BOGATO(ボガト)人気のパティスリーキッズアトリエ

d-newyorkbleublancrouged-partyrose2 d-coeuraile

~パリで子育て~

日本ではGWが終了。こちらフランスでは、2週間のイースターバカンスが終わって、ちょっとほっとしているこフランスのママンたち。

フランスは、夏休み 2か月。 10月に2週間 年末年始に2週間 2月に2週間そして、4月に2週間。

わぉ。約4か月近くも学校がお休み という事ですね・・・(しかしお隣の国イタリアは夏休みが3か月!これまたすごいですよね)

そのたびに、旅行に行くわけでもなく、おじいちゃんおばあちゃんを駆使したり、キャンプスクールなどに入れたりと、あの手この手で子供たちのアクティビティを探します。 我が家は、今回は、パリを観光バカンスにしようとの事で、キッズアトリエ、美術館の絵画アトリエ、ノートルダムの上まで行ってみたり、普段いけない美術館や遊びスポットに繰り出したのですが、その中で、子供たち満足のおススメスポット。

パリ14区にある 絵本から飛び出してきたかわいいお菓子屋さん ≪シェ・ボガトchez bogato≫

毎回、ショーウィンドゥがあまりにも可愛らしくて足を止めずにはいられない!

大人になっても、この子供心を実現できるなんてすごいかも、前を通るたびに毎回楽しみしているウィンドー。

子供たちよりも 私の方が ワクワク ”かわいい~あ~これいいね~”と 興奮ぎみ。うん?しかし子供たちは以外と冷静。そこで私は、ふと思った。もしかしたら、子供の頭の中は、まだこのお店のようにカラフルな世界なのかも。。。私が完全に大人脳になっている(当たり前か 大人ですから)

サロンドテもあるので、中でお菓子をいただく事もできますし、いつもなんとなく買ってしまうかわいいサブレたち。

IMG_7896IMG_7895IMG_7894

ちなみに、一番上のケーキたちは、オリジナルで作ってくれるお誕生日用などのケーキ。子供の頭にあるものを形にしちゃうってすごいですよね。

ブティックの中は、カラフルで美味しそうな可愛い世界が広がっている。 キュートなブティック。

店内からしてなんともファンシーでキッチで、夢の中の世界です 。

IMG_7905p IMG_7908p IMG_7906p

IMG_7909 IMG_7900pIMG_7902p

学校がお休みの水曜日の午後のお菓子教室や、バカンス中にも楽しいかわいいお菓子教室が有ります。

7歳と5歳の私の子供たちは、とってもおいしいチョコレートガナッシュのクッキーとマシュマロのかわいいカラフルなおやつを持って

たくさんの笑顔で帰ってきました。

≪シェ・ボガトchez bogato≫

http://www.chezbogato.fr/

7 rue Liancourt, Paris 14e. 火曜日-土曜日  10h – 19h.

アトリエについては、こちら↓に情報がありますが、お問合せされてくださいね。

http://www.chezbogato.fr/ateliers/

Paris ”Blue Valentine” Parisの日本人シェフレストランの中でもオススメ!

 

tumblr_n9tyqx58Rm1tiqk5ko1_r6_500

今日は、レプブリックから歩いて5分ほどのところにあるオススメレストラン Blue Valentine です。

このレストランの所以を聞いたら、納得。

サンマルタン運河にある人気のカフェ『セザム』と なんか懐かしくて優しい雰囲気の人気カフェ『la chambre aux oiseaux』のオーナー レナ・バラッコと、

やはりサンマルタン運河にある人気カンボジア料理店『le petit cambodge』のオーナーであるシモン・オクトーブル一が緒にしかけたカフェといえば、

一度は行ってみたい!と思うもの。

tumblr_n9tyqx58Rm1tiqk5ko4_r3_500tumblr_nj1z6iSaVb1tiqk5ko8_500

( 50年代を意識したデコレーション)

最近 パリでおいしいビストロ/レストランには、日本人のシェフがたいてい活躍しています。IMG_7147p

どちらのレストランも本当においしいし、サービスも質がいいしオススメですが、Blue Valentine が特に私の最近のおススメ。

パリのMandarin Oriental HOTELなどで経験をふまれた ” Terumitsu Saïto” さんが シェフ。

シェフのお人柄の良さに、メニューのひとつひとつを説明して下さるときも、お料理に対する愛情が伝わってくる説明です。

ガストロノミー出身のシェフ、その日のマルシェで厳選された素材のいいものを生かした 見た目もお味も最高のおいしさ。

野菜もたっぷりで、旅行中だった友人も大喜び。

 IMG_7157p  IMG_7160p tumblr_n9tzapV1aZ1tiqk5ko4_500

メニューも詳しく説明してくださいました。

(反対に・・・あぁこういう風に日本人の方に訳せばいいのかと 大変お勉強になりました。

 一度是非気軽に楽しくおいしくお試しいただきたいレストランです。次は、またランチで行こうっと

Blue Valentine ブルーバレンタイン

http://bluevalentine-restaurant.fr/

13, rue de la Pierre Levée 75011 Paris

Wed-Sun 12時~14時半 20時~23時

LUNCH : メニュー 前菜+メイン 19€ –

Dinner :35-42 €  80 €

IMG_7161p