✳︎Botanique✳︎ 普段使いでも行きたい。日本人シェフの見逃せないNewレストラン [2016/10/07]

 

botanique2

最近 巷で人気のレストランといえば、 BOTANIQUE(ボタニック)

11区の住宅街にOPENして、1年ほど。

若干30歳の日本人シェフがたちあげました。

botanique4

木の枠組みとシンプルなデザイン。モダンなタイルと、なんといっても太陽降り注ぐインテリア。

名前の由来のボタニック=植物というコンセプト通り、店内からもナチュラルな空間を感じます。

心地良い空間が広がり、お料理への期待度も上がります。

リオンの天才シェフ 二コラ・ル・ベック氏のもとで修行した日本人シェフ 山口さん。

共同経営者は、フランス人ソムリエのフィリップさん。

貯蔵4000本近いという地下ワインカーブは、ワイン好きもびっくり、

ワイン好きが笑いが出て止まらないというほどのセレクト内容と品揃え。

上のお写真のガラス貼りの床から、下は、素晴らしいワインが貯蔵されているのが、見えます。

しかも、この日も、たくさん説明してくださった、フィリップさん。

普段、ランチでは、ラングドックなどの太陽いっぱいの赤が好きな私ですが、彼の押しつけがましくないワインが本当に好きなのです!オーラ―の説明で、めずらしく白ワインをいただく。

カウンターでは、パリに来たら立ち寄られるという実際のワインの作り手さんもお食事を楽しんでいらっしゃいました。

前菜の貝Bulot(つぶ貝)のサラダ。

食感を充分感じながらいただく新鮮なサラダ。美味!

fds

貝の世界(?)は牡蠣をはじめ、日本のようにおいしいものが多いフランス。

しかし、いつも魚屋さんで、すみっこに追いやられ気味なこの大好きなBulot。

(茹でて、つまようじでクルンと、取って食べるだけ。和食のつまみにもなるので、重宝しています)  

しかし、メインは、あまりにも食べるのに夢中でお写真撮り忘れてしまいました。

けれどもまた絶対行くので、また写真しっかりとってきます~

こちらから素敵なお料理の一部をお楽しみください。

しかも!

ランチは、2品で20Eurosからととっても、お得。

普段着で行きたい レストラン発見!

これからも、日々 楽しくすごせそうな気分になってきました。

オススメ!です。

次回も、山口さんのお料理&フリィップさんのオススメのワインを堪能したいです。

 

botanique5

http://www.botaniquerestaurant.com/

71, rue de la Folie-Méricourt 75011 Paris

Tel : +33 (0) 1 47 00 27 80

ランチメニュー : 前菜+メイン or メイン+デザート 20Euros

夜のメニュー : 5つのお料理 65Euros

もしくは、前菜+メイン+デザート 25Euros

定休日 : 日曜日 月曜日

text by Nami Takahashi

«
»